Profile Photo
朱廚一枚/狡朱/宜朱/狡朱宜
NL ONLY
長期缺糧想自給自足
文筆欠佳,腦裡沒有邏輯二字
#禁止轉載#

Stood there and watched you walk away from everything we had but I still mean every word I said to you.
  1. 私信
  2. 归档
  3. RSS

我突然想起來之前有翻過PSYCHO-PASSコピペbot的推XD!雖然已經很舊了但今天是小朱生日我又沒時間寫賀文,就把這個放上來,因為是渣翻所以附上原文懂日文的就直接看原文吧

 

有很多CP,也有跟朱無關的,但在寫這個的時候距離12點還只有10分鐘,實在沒時間整理,所以請自行避雷

 

只挑了些多人讚好的推來翻,說起來all朱向的推特別多人讚好,開心www

  

1.

常守「愛っていうのは『この人となら不幸になってもいい』っていう気持ちのことらしいですよ」

狡噛「俺はアンタと一緒なら不幸になっても構わない。…が、俺はアンタと一緒にいると不幸にはならないな、困った」

常守「そんな殺し文句どこで覚えたんですか」

 

常守「愛就是『如果是跟這個人在一起的話,變得不幸也可以』的感覺哦」

狡噛「我跟你在一起的話就算變得不幸也無所謂,不過,我跟你在一起不會覺得不幸啊,真傷腦筋呢」

常守「這甜言蜜語是在哪裏學的?」


2. 

槙島「『しね』って言うと乱暴だから、『お星さまになって空から見守ってほしい』と言えばほら、ロマンチック」

狡噛「そうだな。しね」

 

槙島「說『去死』的話太粗暴了,如果說『想你成為星星在天上守望着大家』的話會變得浪漫很多」

狡噛「說得對。去死」

 

3.

縢「一係でお好み焼き屋へ行ったとき、コウちゃんがせっせとハート型のお好み焼きを焼いていたんだけど、出来上がって朱ちゃんに『常守見てくれ!できたぞ!』と言った瞬間、ギノさんが『焼けたか?切るぞ』と言ってハートの真ん中にヘラを突き立てて切った」

 

縢「一係一起去吃大阪燒時,小狡拼命的把大阪燒燒成心形,燒好後對小朱說『常守快看!弄好了!』的瞬間,宜野說『燒好了?切了哦』然後在心形的中間切了下去」

 

4.

常守「四葉のクローバーを見つけるために、三葉のクローバーを踏みにじっていはいけない。幸せは、そうやって探すものじゃないわ」

槙島「四葉のクローバーは若葉の時にできた傷が原因で四葉になるんだよ。踏みにじって探す奴がいないと四葉は生まれないんだ」

 

常守「不可以為了找四葉草而踐踏三葉草,幸福不是用這種方式尋找的」

槙島「因為在還是嫩葉的時候受了傷,四葉草才能成為四葉草,沒有為了尋找四葉草而踐踏它的人在的話,不會有四葉草」

 

5.

縢「男の真ん中あたりで細長くてブラブラしているのは?」

宜野座「ネクタイ」

縢「下半身にあって柔らかくなったり硬くなったりするのは?」

宜野座「ひざ」

縢「”ち”で始まって、”ん”が真ん中に合って、”こ”で終わるものは?」

宜野座「ちりめんじゃこ」

 

縢「男人中間又細又長又搖搖晃晃的是什麼?」

宜野座「領帶」

縢「在下半身,時而軟時而硬的是什麼?」

宜野座「膝蓋」

縢「『ち』音開頭,中間是『ん』,最後是『こ』的是什麼?」

宜野座「白飯魚」


6. 

常守「誰でもいいから彼氏ほしいな」 

東金「本当に誰でもいいんですか」

常守「はい...」

東金「じゃあ私はどうですか」

常守「うーん...そういうことじゃないんです...」

東金「哲学。」

 

常守「誰都可以呀總之想要個男朋友」

東金「真的誰都可以嗎?」

常守「是的…」

東金「那我的話怎麼樣呢?」

常守「嗯…不是這樣的…」

東金「哲学。」


7. 

東金「この間、電車に乗った時に間違って女性専用車両乗ってしまってな。気付かずに座ってたら偶然となりに座ってた雛河に『こ、ここは女性専用車両だよ』と言われて…その時はすごく焦ってすぐ出たんだが、よく考えると お 前 は な ん な ん  だ 」

 

東金「最近坐地下鐵時不小心進了女性專用車廂,坐下的時候旁邊偶然坐着雛河,雛河向我說『這丶這裏是女性專用車廂』,那時候很焦急地立即離開了車廂,再細想的話 那 你 是 什 麼 ? !」

 

8.

狡噛「May I~?とShall I~?の違いで苦労している奴は、各頭文字からSMで想像しろ。、mayは、新任だったころの常守が上目遣いで『…してもいいですか?』と相手に許可を求め、shallは、現在の常守が見下して『して欲しいんでしょ?』と相手の希望を求めている」

 

狡噛「分不清May I?和Shall I?的人,把兩個句子的字頭想成SM吧。May就是新上任時候的常守請求對方的允許,從下向上望着你問『…可以做嗎?』Shall就是現在的常守詢問你的希望,俯視着你問『想做吧?』」


9. 

狡噛「去年のバレンタイン、常守から『狡噛さんモテないから1個あげます』ってチロルチョコを貰ったんだ。 中を開けたら手書きで『もし良かったら週末どこかに出かけませんか?チョコはその時渡しますね』って書いてあって。嬉しくて嬉しくて。 まるで作り話みたいだが本当に作り話だ」

 

狡噛「去年的情人節,常守說『因為狡噛先生不受歡迎所以給你一個』然後給了我Tirol-Choco。打開後裏面寫着『如果可以的話週末一起外出吧,那時候再給你巧克力』很開心很開心,就好像是想像出來的一樣但真的只是想像出來的故事」


10.

東金「さっき雛河がツイッターを始めたんだが、『お饅頭食べたい』と一回だけつぶやいて、その直後にアカウントを削除した。饅頭を食べたのだと思う」

 

東金「剛才雛河開始用起推特,只發了一條『想吃饅頭』的推,然後就把帳號刪除了,應該是因為吃了饅頭了」


11. 

【常守朱が「カラスは白い」と言ったら】

「変なこと言ってるな」と思うのが宜野座

「いや、黒い」と言った人間を殴って回るのが狡噛

「いいかカラスは白い!白いんだぞ!」と喧伝するのが縢

黙々とカラスを白く塗って歩くのが槙島

 

【常守朱說了句「烏鴉都是白色的」】

在腦裏想着「說了奇怪的話呢」是宜野座

把說了「不是,是黑色」的人都揍了一遍的是狡噛

向周圍極力宣傳「聽到沒烏鴉是白色的!是白色的!」是縢

默默地邊走邊把烏鴉塗成白色的是槙島


12. 

雛河: 歩いてたらネコがいたので近づいてみると逃げようとするから「待ってニャン」って話しかけたらちゃんと止まってくれたけど一部始終を一係の皆に見られてた。

 

雛河: 走着的時候見到有貓在便嘗試去接近牠,當牠想逃的時候說了句「等等,喵~」然後牠乖乖的停住了,一係的大家從頭到尾一直看着我


13. 

狡噛「最近俺のエロ本がいつの間にか無くなってる。まぁ常守も年頃だからな。悪戯心から机に置いたエロ本の中に『自慰は結構だがもうちょっと声を抑えろ。聞こえてるぞ』とメモを挟んでおいた。翌日そのエロ本は見事になくなってた。そして縢が真っ赤な顔でチラチラこちらを見てきた。クソ、てめぇか」

 

狡噛「最近我的工口本不知不覺間不見了。嘛因為常守都到那種年紀了。想惡作劇一下便把工口本放在桌上,裏面挾了張memo紙寫着『自慰是很好但稍微小點聲,聽到了哦』第二天那本工口本果然消失了,然後縢紅着臉不時看過來。可惡,原來是你啊」


14. 

狡噛「仕事で疲れて帰って、うっかり3時間も常守の膝枕で寝てしまった!その間あいつは俺を起こさないように身動きせずいたらしい!後で謝ったら『足が痺れて動けなかっただけです』!常守!お前だけは絶対に幸せにしてやる!」

 

狡噛「放工回家後很累,一不留神用常守的膝枕睡了三小時!那段時間她因為不想弄醒我好像一直不敢動!我之後向她道歉她卻說『因為腿麻了所以沒有動而已』!常守!只有你我一定要讓你幸福!」


15. 

常守「槙島の『勘違いするなよ、君のためじゃない』と、の鹿矛囲の『自惚れていいんだよ、君のためなんだから』の破壊力を比較してみたい」

 

常守「想比較一下槙島的『別會錯意了,不是因為你而這樣做的』和鹿矛囲的『自滿*也可以哦,因為你我才這樣做的』哪個破壞力更強」

*這個不會翻,總之就是自戀啊,對自己著迷之類的意思


16. 

槙島「君はもともと静かなのかい?」

雛河「う…うん、どちらかというと」

槙島「会話は苦手?」

雛河「…話したい、気持ちは、ある」

槙島「そうか、黙れない性格も辛いんだけどね」

 

槙島「你原本就是很安靜的類型嗎?」

雛河「要說哪一類的話,是丶是的…」

槙島「不擅長談話?」

雛河「…想說…的心情…是有的」

槙島「是嗎?不能沉默的性格也是很辛苦的呢」


17. 

東金「青春したい」

雛河「…そう」

東金「ほら、パンをくわえた女の子と曲がり角でぶつかったりして」

雛河「それがお姉ちゃん?」

東金「そうだ、雛河ならどうする?ぶつかったら」

雛河「とりあえず車から降りる」

東金「事故じゃないか!!!」

 

東金「想嘗嘗青春啊」

雛河「…嗯」

東金「就好像是跟咬着麵包的女生在轉角位置撞到那樣」

雛河「那個人是姐姐嗎?」

東金「是的,如果是雛河的話會怎麼做?跟她撞到了的話」

雛河「首先下車」

東金「那不就成事故了嗎?!!」


18. 

常守「インド人って右手でごはん食べるらしいよ」

縢「えっ!口じゃねーんだ!!」

_人人人人人人人人人_  

>口じゃねーんだ!!<  

 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

 

常守「印度人好像是用右手吃飯的」

縢「哎!不是用嘴嗎?!」

_人人人人人人人_  

>不是用嘴嗎?!<  

 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄


19. 

槙島「エロくないけど何だかエロいことを言ってみてくれ」

藤間「多目的ホール」

槙島「いろいろヤバいね…」

藤間「テクニカルアナリスト」

槙島「ああそれすごくヤバい」

 

槙島「說一些不工口但又覺得工口的話來聽聽」

藤間「多功能廳」

槙島「各種牙白的感覺呢」

藤間「技術分析師」

槙島「啊啊這個超級牙白」

 

20.

狡噛「やべえこのままじゃ殺られる!」

宜野座「殺される時は相手をひっかいておくと、爪の間に相手の皮膚が残ってDNAが採取できるので、犯人を捕まえる手がかりとなる。死ぬ直前にもう一踏ん張りしろ」

狡噛「お前最低だな!」

 

狡噛「不好了再這樣下去要被殺掉了!」

宜野座「被殺的時候抓住對方,在指甲留下對方的皮屑的話就可以進行DNA採取,成為抓到犯人的線索。在死前再加一把勁吧」

狡噛「你真的是個爛人!」

 

21.

東金「女子はいい。怖い怖いと男に抱きつくなりボディタッチすれば簡単だ。俺がキャーキャー言いながら監視官に抱きついてみろ。直ちに執行される。怖い話だ」

 

東金「當女人真好,喊着好怕好怕去抱住男人來個身體接觸是很簡單的事。我試試『啊~!啊~!*』的叫着然後去抱住監視官看看,直接就被執行掉,很可怕。」

*日本女生尖叫的聲音,這裏是東金覺得恐怖而尖叫

 

22.

常守「貴様の子供をさずかった。無事に返して欲しければ50万用意しろ」

狡噛「やったな!あと素直に出産費用って言え!」

 

常守「我得了你的孩子,想我完好的把孩子還給你的話就準備50萬吧」

狡噛「太好了!你就坦率點向我拿分娩費啊!」


23. 

縢「マリオの新作買った」

常守「えー…絶対マリオより私のほうが面白いから私と遊ぼうよ」

縢「いや朱ちゃんより断然マリオのほうが面白い」

常守「なんでよー!」

縢「だって今回のマリオ3Dだし」

常守「絶対私のほうが立体的だよー!!!」

 

縢「我買了Mario的新作」

常守「哎——我絕對比Mario更有趣所以跟我玩嘛」

縢「不,Mario一定比小朱更有趣」

常守「為什麼?!」

縢「因為這次的Mario是3D的」

常守「一定是我更加立體的啊!!!」


14. 

縢「『包丁を使わない!アップルパイのレシピ』というのがあったので、それはすごいと思って見てみたらリンゴを素手で粉砕することが前提になっていて、誰向けのレシピなんだろうこれは。コウちゃんかな」

 

縢「看到一本『不需要用菜刀!蘋果派的食譜』然後抱着很厲害呢的心情打開來看,原來是以能徒手粉碎蘋果為前提的食譜。是針對誰而設的食譜呢,是小狡嗎」


15. 

縢「お先に失礼しまーす!」

宜野座「おい待て。周りを見ろ。まだ17時で、お前以外誰も帰ろうとしてない。どういう意味か分かるな?」

縢「えっとぉ…俺以外全員無能ってことっすかね?」

 

縢「我先走了哦!」

宜野座「喂等等。你看看,現在還是五點,除了你以外沒有人打算走,你明白我的意思嗎?」

縢「就是…除了我以外大家都無能的意思嗎?」


16. 

宜野座「嫌なことをされても済ました顔でいたら、相手は『自分がやっても怒られないライン』をどんどん広げてきて、最後に苦労するのは自分だから、嫌なことをされたら怒る。ぶん殴る。と教えてくれた常守」

 

宜野座「別人對自己做了討厭的事仍然擺出平靜的表情的話,對方會不停挑戰你的底線,最後辛苦的是自己,所以遇到討厭的事情就要生氣,狠狠地打對方。常守是這樣告訴我的」


17. 

狡噛「常守に生理が来ないと言われた時は数秒の間にものすごく頭が働いたな。相手の親への挨拶とか男だといいなとかそもそも俺の子か?とか、もしかしてあの時か…というか、実は俺のリアクションを試してるのでは、とか。…で、最初に出た言葉は『俺もだ』だった」

 

狡噛「常守說自己經期沒有來時那幾秒我在瘋狂的思考,是不是應該去拜訪對方的父母如果是生男孩的話就好不過究竟是不是我的孩子呢?難道是在那時候?說起來會不會是想試探的我反應?但,我第一句說出口的話是『我也是』」


18. 

東金「俺のペンネームを考えているんだが『恋するうさぎちゃん』とかどうだろう」

霜月「素直に『発情モンスター』って言いなさいよ」

 

東金「我在考慮自己的筆名,『戀愛中的小白兔』如何?」

霜月「坦率地說『發情的怪物』就行了」


19. 

【しりとり】

狡噛「け…け…」

常守「早くしてください。『け』から始まる単語なんていっぱいありますよ」

狡噛「け、結婚しよう!」

常守「うどん」

 

【接龍遊戲】

狡噛「結…結…」

常守「請你快點,『結』字開頭的字句有很多哦」

狡噛「結…結婚吧!」

常守「烏冬」

 

20.

常守「なにか甘いもの持ってませんか?」

東金「投げキッスでいいですか」

常守「ありがとう死んでください」

 

常守「有沒有什麼甜的東西?」

東金「飛吻可以嗎?」

常守「謝謝請你去死」


21. 

宜野座「縢の遅刻が多いから『次から遅刻したら尻を叩く!』と言ってみたが改善しない。そこで狡噛に相談しアドバイスの通り『次から尻をなでる!』と言ったら遅刻しなくなった」

 

宜野座「因為縢經常遲到,所以就對他說『再遲就打你屁股!』但仍然沒有改善。跟狡噛商量後照他提議的說『再遲就摸你屁股!』之後縢就再沒遲到過」

 

22.

【ソファでうたた寝してる常守に遭遇】

六合塚:向かいに座って寝顔をガン見

狡噛:隣で読書。寄りかかってくるのを待つ。

唐之杜:写メって刑事課メンバーに自慢

宜野座:こっそり髪を撫でてひとりで照れる

縢:いつの間にか隣で一緒に寝ている

 

【在沙發上睡着了的常守所遭遇到的事】

六合塚:在對面坐着凝視常守的睡顏

狡噛:坐在旁邊讀書,等常守靠在他身上

唐之杜:拍下照片然後向刑事課的各位炫耀

宜野座:偷偷地摸摸常守的頭髮然後一個人在那害羞

縢:不知不覺間在旁邊一起睡着了


23. 

唐之杜「朱ちゃんが怪我してて痛そうだったから、気休めに『痛いの痛いの飛んでけっ』ってやったら、向こうで慎也君が『いってぇ…!!』ってひっくり返ってくれた。あの人のこういう所、好きよ」

 

唐之杜「小朱受傷了好像很痛的樣子,為了安慰她我便說『痛啊~痛啊~飛走了~』,一邊的慎也君喊着『很痛啊!』然後摔倒了。那個人的這種地方,我很喜歡哦」

 

24.

狡噛「ピザと10回言ってくれ」

常守「ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ」

狡噛「じゃあ結婚してくれ」

常守「肘」

狡噛「話を聞け」

常守「肘」

 

狡噛「說10次比薩來聽聽」

常守「比薩比薩比薩比薩比薩比薩比薩比薩比薩比薩」

狡噛「那說跟我結婚吧」

常守「肘」

狡噛「聽我說話」

常守「肘」


25. 

【死亡フラグのさしすせそ】

宜野座「先に行け!奴は俺が食い止める」

霜月「死にたいならここに居てください。私は先に戻ります」

東金「好きでしたよ…あなたのこと」

神月「戦闘が終わったら俺、プロポーズするんだ」

須郷「そんなはずはない。俺が見てきます」

 

【立死亡flag】

宜野座「你們先走吧!我來阻止那個人」

霜月「想死的話你就留在這吧,我先回去了」

神月「戰鬥結束之後,我會去求婚的」

須郷「我不會這樣做的,我會在這裏看着的」

 

26.

狡噛「常守に、俺が真剣に仕事してる時の横顔が格好いいと言われた。え?本当か?ってそっち向いたら、『こっちは向かなくていいです』って言われた」

 

狡噛「常守對我說,我認真工作時候的側臉好帥。誒?真的嗎?然後我轉向了她,她卻說『請不要轉過來』」


27. 

【水族館】

雛河「あの魚は?」

東金「鯵だ。刺身もよし焼いてもよし。なめろうにしても美味い」

雛河「あれは?」

東金「鯨だ。刺身や竜田揚げにする」

雛河「あれは?」

東金「食えないやつだ」

雛河「あれは?」

東金「食えない」

 

【水族館】

雛河「那條魚是什麼?」

東金「那是竹莢魚,可以燒來吃亦可以做成剌身吃,なめろう*的話也很好吃」

雛河「那條呢?」

東金「那是鯨魚,刺身油炸都可以」

雛河「那條呢?」

東金「那條不是能吃的魚」

雛河「那條呢?」

東金「那條不能吃」

*菜名

 

28.

宜野座「一人の時、男でも作れる簡単な料理のレシピはあるか?」

東金「水かけご飯」

六合塚「お湯かけご飯」

霜月「そのままご飯」

常守「お酢ご飯」

宜野座「もういい」

 

宜野座「有沒有一個人的時候,男人都能做出來的簡單料理食譜?」

東金「飯裏加水」

六合塚「飯裏加湯」

霜月「白飯」

常守「醋飯」

宜野座「夠了」


29. 

宜野座「昨日泥棒に入られたって?」

狡噛「ああ。飲み屋で酔いつぶれている間にな」

宜野座「で、泥棒は?」

狡噛「顎は外れ、歯は六本も折られ、肋骨まで折られた始末だ」

宜野座「随分な仕打ちだな…」

狡噛「常守が俺が酔っ払って帰ってきたのと間違ったんだ」

 

宜野座「昨天有賊進屋了?」

狡噛「嗯,在酒吧喝醉的時候」

宜野座「那個賊呢?」

狡噛「下顎脱臼,斷了六顆牙齒,連肋骨也斷了」

宜野座「打得很厲害呢」

狡噛「常守以為那是我喝醉酒回去了」

 

30.

Q. 飛行機が無人島に落ちたら最初にすることは?

常守「飲み水を確保」

宜野座「太陽の位置でおおよその位置を求める」

狡噛「泳いで帰宅する」

 

Q. 飛機降落在無人島的話第一件事會做什麼?

常守「確保能喝的水」

宜野座「尋找太陽的大約位置」

狡噛「游泳回家」


31. 

狡噛「おい、片手で頬杖ついて話きくのやめろ。やるなら両手でつけ」

常守「なんでですか?」

狡噛「その方がかわいいから」

 

_人人人人人人人人人人人_

> その方がかわいいから<

 ̄Y^Y^Y^Y^YY^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

狡噛「喂,不要在說話的時候單手托頭,要托的話就雙手」

常守「為什麼?」

狡噛「因為那樣比較可愛」

 

_人人人人人人人人人人_

>因為那樣比較可愛 <

 ̄Y^Y^Y^Y^YY^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

32.

槙島「これはどんなものでも貫く最強の矛、これはどんなものも通さない鉄壁の盾だよ」

狡噛「その矛とその盾を装備したらどうなる」

槙島「超カッコいいね」

狡噛「超カッコいいよな」

槙島「マジで超カッコいいよ」

狡噛「よし、もらおう」

槙島「まいど」

 

槙島「這是無論什麼都能貫穿的最強的矛,這是無論什麼都穿不透的鐵壁的盾」

狡噛「如果兩樣都裝備的話會怎樣」

槙島「超級帥的」

狡噛「超級帥吧」

槙島「真的超級帥的喲」

狡噛「好,我買了」

槙島「謝謝光臨」

 

33.

狡噛「よくある『私のために争わないで!』の逆はなんだろうな」

槙島「僕が欲しければ存分に争え」

狡噛「すげぇ腹立つな」

 

狡噛「經常聽到『不要為了我而爭吵了!』如果相反的話會怎樣?」

槙島「想要我的話就盡情地爭吵吧」

狡噛「超級讓人生氣」


34. 

佐々山「リップ持ってねぇ?」

宜野座「リップ?」

佐々山「メンソレータムとかの。唇切れて痛ぇんだよ」

宜野座「あると言ったら使う気か?」

佐々山「ん?」

宜野座「俺のリップを使う気か?」

佐々山「ああー…」

宜野座「それを返す気か?」

佐々山「ああー…」

 

佐々山「有沒有帶潤唇膏?」

宜野座「潤唇膏?」

佐々山「曼秀雷敦之類的,嘴唇裂了很痛」

宜野座「說有的話你會拿來用?」

佐々山「嗯?」

宜野座「你是想用我的潤唇膏?」

佐々山「啊啊—」

宜野座「有還給我的打算嗎?」

佐々山「啊啊—」

 

35.

狡噛「割り算の『あまり』の意味を説明しろ」

槙島「例えば37人のクラスで3人組を作るとするだろ。そうすると組はいくつできる?」

狡噛「12」

槙島「でも組になれてない子もいるだろ」

狡噛「あぁ、1人いる」

槙島「それが中学生の頃の僕だ」

狡噛「アッ……」

 

狡噛「說明一下除數裏餘下的意思」

槙島「例如37人的班級裏要分3人一組,最後會分出幾組?」

狡噛「12」

槙島「但是這樣的話會有孩子沒有組」

狡噛「啊,剩下了一個」

槙島「這個就是中學時期的我」

狡噛「啊……」

 

36.

東金「お嬢さんよければ俺と一緒にコーヒーでもいかがですか?」

常守「遠慮しておきます」

東金「誤解しないでくれ、俺は誰でもかまわず声をかけてるわけじゃない」

常守「誤解しないで、私も誰でもかまわず断ってるわけじゃないの」

 

東金「小姐,可以的話跟我喝杯咖啡如何?」

常守「不需要了」

東金「別誤會,我不是每個人都去邀請的」

常守「別誤會,我不是每個人都會拒絕的」


37. 

常守「あなたの風邪はどこから?」

縢「俺は喉から…」

常守「寝てなさい!!!!!」

宜野座「俺は頭…」

常守「寝てなさい!!!!!!!!」

狡噛「俺は…」

常守「寝てなさい!!!!!!!!!!!」

 

常守「你的感冒是從哪開始的?」

縢「我是從喉嚨…」

常守「請去睡覺!!!!!」

宜野座「我是頭…」

常守「請去睡覺!!!!!!!!」

狡噛「我…」

常守「請去睡覺!!!!!!!!!!!」


38. 

宜野座「俺はクズ」

狡噛「馬鹿言うな」

常守「そんなことありませんよ」

 

槙島「僕はクズ」

狡噛「あぁクズか」

常守「クズ発見」

槙島「僕は今ものすごく泣いている」

 

宜野座「我是人渣」

狡噛「別說蠢話了」

常守「才沒有這種事」

 

槙島「我是人渣」

狡噛「啊是人渣嗎」

常守「發現人渣」

槙島「我現在突然很想哭」


39. 

狡噛「こちらバカには見えない服でございます」

常守「何も見えません」

狡噛「そんなまさか!バカでなければ見えるはずだ」

常守「そんな服…見えません。もう…狡噛さんのことしか見えません」

狡噛「…バカ」

宜野座「茶番はそのへんにしておけ」

 

狡噛「這邊是笨蛋的話就看不見的衣服」

常守「什麼都看不見」

狡噛「怎麼可能這樣!不是笨蛋的話應該能看到的」

常守「我看不見那件衣服。已經…除了狡噛先生以外什麼都看不見了」

狡噛「…笨蛋」

宜野座「鬧劇就在那裏打住吧」

 

40.

雛河:東金執行官がお姉ちゃんとアドレスを交換したらしくてさっきから「あー!!あー!!!もう駄目うれしい!!あーしんじゃう!!いや!!生きろ!!生きるんだ朔夜!!!そうだ息をしろしっかりしっかり!!」って叫んでて煩い

 

雛河:東金執行官好像跟姐姐交換了電郵地址,從剛才開始便在大叫『啊—!!啊—!!不行了太開心了!!啊—要死了!!不行!!要活下去!!活下去啊朔夜!!!對要好好的呼吸!!!』好煩

 

41.

宜野座:たまにはと思い、執行官たちと鉄板焼の店に行ったんだが、店員に『お肉はどのように焼きましょう?』と聞かれて、六合塚の『死なない程度に』というのに対し狡噛が負けじと『野性的に激しく、かつ哀れみを持って』と無茶苦茶なオーダーして、もう二度とこの店入れない。

 

宜野座:偶爾會跟執行官的大家一起去吃鐵板燒,店員問『這些肉想燒成什麼程度?』六合塚卻說『死不去的程度』,然後狡噛便不服輸地道『野性的猛烈,但帶有憐憫』這樣不合理的下單,我再也不會進那間店。

 

42. 

【夕焼け空の色】{

}槙島「今日はピンクと薄紫のミルフィーユだったね」{

}常守「電話越しの変態が言う台詞みたいね」

 

【晚霞的顏色】

槙島「今天是粉紅和淺紫色的法式千層酥呢」

常守「在電話上聽到就像變態一樣」

 

43.

(:3[____]←常守

(:[____]←霜月

(¦3[____]←六合塚

(|3[____]←宜野座

(メ3[____]←東金

[____]ε:)←雛河

(□[____]←槙島

我奔回去溫習了=]


评论(27)
热度(81)